デトックスやメタボリックシンドローム解消など東洋堂治療院の施療は現代人が抱える悩みを心とからだを癒しながら解決します。
by tohyodo
フリーダイヤル 0120-193289
カテゴリ
全体
店長のひとり言
漢方・医薬品相談
東洋堂治療院写真集
お客様の声
東洋堂新聞
東洋堂治療院の施療
→鍼・気功治療
 →温熱治療
 →足裏岩盤浴
 →足つぼ療法
 →耳鍼ダイエット・花粉症
 →よもぎ蒸し・ささ蒸し
 →ゲルマ温浴+酸素バー
 →足裏デトックス
 →振動マシン
よくある質問
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 05月
2014年 04月
2013年 06月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アトピー性皮膚炎に温熱治療、鍼.気功治療、足裏デトックス
3日前に次男が友達を連れてきた。腰が痛いと言うことで治療のため連れてきた。
この友達、半年位前にも捻挫をしたと言うことで治療したことがある。捻挫は大した事はなかったけれども、全身にアトピー性皮膚炎が出ていて掻きむしった跡がありとてもかゆそうだった。聞いてみると、子供の頃からアトピーがあり今まで軟膏剤を長年つけてきたそうだ。
結局、捻挫の治療とアトピー性皮膚炎の治療をすることになった。
アトピー性皮膚炎の治療は、背骨の両脇にある自律神経を温熱で緩める、肝臓、胆嚢、十二指腸のある右脇腹を温熱と鍼で緩める。そしてポイントとなるのが腰の上部にある副腎の働きを高めることが大切だ。アトピー性皮膚炎の根本の原因は、肝臓から胆嚢にそして胆嚢から十二指腸に流れている胆汁この胆汁が何らかの原因で通りが悪くなり肝臓に逆戻りしてそれが血液中に入りかゆみを引き起こしているように思われる。だからこの胆汁の流れをスムーズにしてあげればかゆみはおさまってくる。それと長年、西洋医学では副腎皮質ホルモン剤と言う軟膏剤をつけて治療することが主流となっているけれども、長年つけていると副作用もあり、また、副腎の機能が低下する。副腎は副腎皮質ホルモンと言う大切なホルモンを作り出す場所だが、外から副腎皮質ホルモンを補充することにより副腎の機能が低下してしまう。だからこの機能をアップしてあげる必要がある。
半年前にこれらのことを考慮して、アトピーの治療行った。
今回来て半年前のことを聞いてみると、治療した後2週間ぐらいすごく皮膚の状態が良かったとのこと、そのことを親にも伝えて今回、腰痛も辛かったようで合わせてアトピーの治療もするためにこられたようだ。
d0142498_16330417.jpg
d0142498_16332496.jpg
現在、学生で夏休み中のため休みの間になるべく良くしておきたいとの事から3日おきに治療することになった。
さて、今回、今日で2回目、3日前に治療してだいぶ痒みの状態、皮膚の赤みが軽減したとのこと、今日は治療に加えて足裏デトックスもやることになった。
d0142498_17001182.jpg
足裏デトックスもアレルギー疾患には非常に有効である。
今日治療していて、やはり右脇腹及び副腎のところが特に熱く感じるようだ、この熱さが軽減してくれば皮膚の状態ももっと良くなると思う。
アトピー性皮膚炎でお悩みの方、少し熱さを我慢して頂きますが、東洋堂での治療、大変効果があります。


by tohyodo | 2017-08-21 13:22 | 店長のひとり言
<< 本日、子宝治療コース3名様ご来店 しいたけ栽培キット パート2 >>